<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧




グルヌイユ・ニュース

3月の個展でミズイがデザインいたしましたキャラクター「青い目のグルヌイユ」が、
7/7〜7/9に東京ビッグサイトにて開催されますライセンシングジャパンにおきまして、
ポニーキャニオンブース内に展示されることが決定いたしました〜!

というお知らせです。

誰か一人ぐらいは気に入って下さると良いなと思います。。

a0136261_11252965.jpg

[PR]



by mizui2004 | 2011-06-29 11:37 | Comments(0)

キャンドル展

a0136261_22392398.jpg
なにやらトウキョウミルキーウェイというロウソク祭りが毎年
銀座で開催されるということで、いっちょ参加してみました。

「ケンタウルス、露をふらせ。」

てなかんじでなんとなく。。
ギャラリーG2にて23日から2週間展示予定。

展示即売会的側面もあるらしいので、
お気に召したろうそくがあったらお買い求め頂けます。

詳しくは会場にてお問い合わせ下さい。。

水曜休館。


→ギャラリーG2
※キャンドル展情報は、銀座ギャラリーG2の展示ブログにて
 ご参照ください。

[PR]



by mizui2004 | 2011-06-24 22:49 | Comments(0)

クワズイモ日記

a0136261_1925212.jpgクワズイモは元気。

新しい葉っぱが広がった。

でも、まだ微妙にふくらんだり曲がったりしていて、
他の葉っぱのように平面状に広がりきってはいない。

サイズ的にはもとの葉っぱより11cmも大きくなって
いる。
もともとの葉っぱは29cmで新しい葉っぱは40cm。
腐葉土と活力剤が効いたのか。

1枚目(負傷した葉っぱ)が28cmなので、次の葉っ
ぱが41cmになるか、それとも51cmになるかで、肥
料が効果的にやれてるのかどうかわかるだろう。
楽しみなトコロ。

調べたらこの種類の最大葉っぱ長は60cmぐらいらし
い。もちろん記録に挑戦するしかない。

そんでもって雨の日に傘代わりにさせるかどうかの実
験もしてみたい。

となると、ちょうど雨の降る日に60cmの葉っぱを成長したての状態にせねばならず、
(成長しきっちゃうとグンニャリ曲がってしまうし、
 成長中だとウチワ並に直立してるので傘っぽくさせないのだ!)
なかなか運的要素が絡んでくることになる。

だが問題はそれだけではない。

生えたての葉っぱをこっちの事情でぶった切れるかどうかという、
人情的な要素まで絡んでくるのである。

でもまあ理系の大学に行った友達が、
実験でミッキーのクビ切りをしなければいけなくなって、
はじめは毎日涙が出たが、最終的に世間話をしながら気楽にできるようになった、
とかなんとかいう話をしていたような気がするので、
感覚の鈍麻を訓練によって身に付ければなんとかなるだろう。

そのためには手始めに、いらない葉っぱを切らないといけないわけだけど、
負傷した葉っぱは、もう1つ新芽が出るまで保留して、
その後切ろうかなという感じ。
もともとの葉っぱも買ったときから穴があいていたので早く切りたい。

全部きれいな葉っぱになったら癒し効果もUPするはず。

枯れなかったら続く。


a0136261_19254113.jpga0136261_19383334.jpg
[PR]



by mizui2004 | 2011-06-19 20:03 | クワズイモ日記 | Comments(0)

クワズイモ日記

a0136261_1484747.jpg
クワズイモ負傷。

一晩寝て起きたら外は白銀の世界…じゃなくて、クワ
ズイモがネコに食われていた。

気をつけて置いていたつもりが、机と椅子でピタゴラ
ス一致したらしい。。
ネコのアクションゲーム技は高橋名人並みに優秀なの
である。回転椅子が回転させられてあった。
甘く見ていた。

とりあえず、クワズイモの毒の成分であるシュウ酸ナ
ントカが体に悪そうなので、ネコの様子をしばらく観
察していたがどうやら大丈夫っぽかった。
シュウ酸ナントカはほうれんそうにも含まれてるそう
な。微量の毒は日常に溢れているものである。

芽が出て喜んだ後にこれとか;;
マジで禍福はあざなえる縄の如し。

この痛々しい葉っぱ、見ても全く癒されないんだけど、
どうしたものか。。

見るたびにどうしたものか…と思わされて、
ネコめ…と思って、
しかしホントにネコは大丈夫なのか…と思って、
クワズイモめ…と思って、
しばらく色々用事をすましてから、
ふとクワズイモを見てどうしたものか…と思わされて、
ネコめ…と思って、
しかしホントにネコは大丈夫なのか…と思って、
クワズイモめ…と思って、
グリーンどころかブルーアイテムになってしまった。

検索すると、枯れた葉っぱはもともと剪定するものらしい。
ということで、切り落としたいのは山々なんだけど、
完全に枯れているわけでもないし、なんとなくかわいそうで判断に困るところ。

なんせ今のところ葉っぱは3本しかないので、
どの葉っぱにも重要度は3分の1ずつ配分されてるワケで、
これが何本も生えてるうちの1本だったら、
もう少し重要度も分散されて事務的に決断できそうなんだけど、いまいち踏ん切りがつかない。

でも見るたびに癒されない。
でも観葉植物の存在意義は癒しだと思うし、切るべきだ。
でも切れない。。

とりあえず新芽が完全に開いてから考える予定。

枯れなかったら続く。

a0136261_155897.jpga0136261_1553889.jpg
[PR]



by mizui2004 | 2011-06-13 23:42 | クワズイモ日記 | Comments(0)

クワズイモ日記

a0136261_4293576.jpg
クワズイモは元気。

土を入れて植え替えて、なんとなく全植物用活力剤も
さしておいたら、昨日の真夜中、クワズイモに新芽が
出ていて、一気にテンションアップ。

買ってまだ数日なのに、変化があるとは。。
さすが出世芋と異名を取るだけの生育速度である。

そんなわけでどのくらいの早さで成長するものか、
だいたい3時間ごとに観察してみた。



       <新芽がのびるサマ>

a0136261_512557.jpg

なかなか驚異的。。

そういえば育て方を検索してる時に、通販サイトにもたどり着いたりしてたんだけど、わたしが買ったのと似たようなクワズイモが軒並み高額売買されていてオドロイタ。

ボッタ…いや、縁起物ってことで??
それともボ…いや、植木鉢代??
それともボ…南国からの輸送費??
それともボ…盆栽的価値??(これはあってる)
その割には盆栽的育成法は探してもなかったので、
最後の可能性はあんまりないと思うが、そうなるとあの価格レベルは一体なんなんだ。。
なにかのブランド価格??

クワズイモ市場ハンパない。

あずきレベル。

そういえばあずきアイス食べたい。

そんなことを考えているうちにも新芽はぐんぐんのびる。

野比のび太ぐらいのびる。

できれば高くのびてかっこいい大きな葉っぱになってもらいたいものだ。

枯れなかったら続く。
[PR]



by mizui2004 | 2011-06-11 23:42 | クワズイモ日記 | Comments(0)

カチューシャという物体X

a0136261_10433668.jpg流行の歌はよくわからんけど、あのウタダを抜いたと言われているカチューシャの歌がどうも昨今巷を賑わせているらしい。

知ってる知ってる。

全部サビのやつでしょ?

あの、中毒性のある、

大正時代にあまりにもヒットし過ぎて日本中で学級崩壊を引き起こし、お山のご神木に封印されたとかいうあの伝説のカチューシャの唄が、

とうとう!

ただカチューシャってロシアのおねいさんの愛称だから、外国ではヘアアクセサリーって意味では通じないらしいですね。
(いきなりマトモなネタ)

トルストイの、あのヒゲがモジャっとしたオジサンの作品に出てくる可哀想な娼婦カチューシャちゃんが大人気を博して、「カチューシャまんじゅう」みたいな、なんかそういう「カチューシャうどん」とか「カチューシャ茶」「カチューシャ○○」ってな雰囲気でカチューシャグッズシリーズの一環として発売された「カチューシャリボン」みたいなやつが、

ジャジャジャジャン、
カ〜チュ〜〜シャ〜リ〜ボ〜ン〜

みたいなやつがスタンダード化して、たまたま頭につけるアレがカチューシャってことになったらしいです。

文七元結でいうところの、文七、みたいな?

だから、トルストイのさじ加減一つで、もしかしたら今現在日本の女性たちが頭部に装着しているアレは「タニューシャ」だったり「アーンヌシカ」だったり「ユーリチク」だったりしたかもしれないというワケで。。

ちなみにトルストイっていうと、どうもわたしはアンナカレーニナをやったソフィーマルソーのコワイ顔が浮かんでしまうんだけど、ひさびさに見直してみたらほんの数秒のシーンで、あれ?って感じで拍子抜けでした。

絶対に数分間長回しの凶悪シーンだったと自信を持って記憶していたというのに!

そのうえソフィーマルソーを思い出そうとして、ずっとイザベルアジャーニイザベルアジャーニ…とつぶやいてしまったし。

おそるべしイザベルアジャーニ。。

個人的にはイザベラロッセリーニのほうが好きだったのに。
なんか…いつの間にか…シュールなミミズになっていた…泣ける…

最終的に今日、言いたかったこと。

「ミミズは泣ける」
[PR]



by mizui2004 | 2011-06-09 23:41 | Comments(6)

クワズイモ日記

a0136261_9193785.jpg
今日はクワズイモが380円だったので買ってみた。

なかなか可愛い。

実は昔から観葉植物に憧れていたんだけど、ネコがい
るし、今までチマチマ買ってたハーブとかミニバラと
か、あらゆる植物を噛みちぎられているので、なんと
なく植物を室内に置くのはタブーなような気がしてい
たのだ。

それと、わたしのアンチグリーンハンドというか…い
ままで鉢植えを上手く育てられたことがない事実が、
(サボテンも枯らす勢い)
なんとなく「植物を買う」イコール「約束された死」
みたいな気がして恐れに繋がっていた経緯があったり
なかったり…;;

といった感じではあるが、ベランダに置いといた朝顔は11月まで咲いてたし、一応世話はできるつもり。

友達んちのヤツみたいに天井まで届くぐらい成長すればいいなあ。。

まあそいつはデカくなりすぎて、処分されてたけど。

とりあえず、背が高いからネコは届かないようだし、大丈夫だろうと思う。

そんなわけでクワズイモ生活始めました。

浮かれて部屋の真ん中に置いといたら、通りかかってちょっと触るたびに水で葉っぱが濡れてるから、なんなんだ?!と思って、そういやコイツの特性知らなかったと思って一応ググったら、クワズイモ.comっていうあからさまにクワズイモ専用のサイトとかがあって、なんかクワズイモコミュニティとかもあるらしく、意外にもクワズイモ界はすごいことになっていた。

こういうイモの葉っぱは、朝露をためて水滴プルンになるのかと思っていたが、どうやら水やりをすると、ギュンギュン吸い上げて葉っぱの裾から水が染み出てくるらしい。

拭き取って観察したところ、2〜3分程度で水滴プルン状態になっていた。

またクワズイモの名に恥じず、毒性もあるらしい。

図らずも出世芋っていわれてることもわかったし、幸先はいい模様。

とりあえず、今度は肥料を買う予定。

枯れなかったら続く。

a0136261_9125534.jpga0136261_9131463.jpg
[PR]



by mizui2004 | 2011-06-06 22:03 | クワズイモ日記 | Comments(0)

ミズイの日常
by ミズイヨウコ

ライフログ

最新のコメント

とても魅力的な記事でした..
by ビジネスマナー at 16:02
>はなびさん コメント..
by mizui2004 at 00:03
お疲れ様です! という..
by はなび at 19:05
>はなびさん コメント..
by mizui2004 at 01:15
お疲れ様です! 急かさ..
by はなび at 19:43
>はなびさん コメント..
by mizui2004 at 01:34
お疲れ様です(´・ω・`..
by はなび at 15:34
>はなびさん コメント..
by mizui2004 at 12:09
お疲れ様です! 先週ま..
by はなび at 17:35
>はなびさん コメント..
by mizui2004 at 20:48

ブログジャンル

画像一覧